×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



ベイタウン旅行倶楽部 花見川&新川サイクリングロード
すすき、武蔵野うどん、白鳥飛来地 by yoshi
2010.12.4


ベイタウン旅行倶楽部 > ベイタウンの周辺INDEX > すすき、武蔵野うどん


近所のバンド仲間のS崎さんと、北印旛沼手前の山田橋近くにある武蔵野うどんの店に行ってきました。「自転車でグルメ(?)シリーズ」の第三弾です。(一回目は佐倉のそば屋「あまね」、二回目はうなぎ屋「川五郎」) グルメったって「激安グルメ」なんだけどね。(笑) 今回はちょうどそのシーズンだってことで、もうちょっと足を伸ばして本埜村(現在は印西市)の白鳥飛来地にも寄ってみる計画です。武蔵野うどんの「鈴や」は食べログでの評価がいいし、同じ施設内のコーヒーや焼き鳥も美味いって評判なので、かなり期待大なのです。まずはすすきが生い茂る花見川〜新川〜印旛沼サイクリングロードをひた走り、目的の山田橋手前のグリーブへ。(途中、八千代道の駅で軽く休憩を入れました)



山田橋はちょっと長めの坂を上った先にあるので、その手前の「ナウマン象」の山田休憩所で直前休憩を入れていたら、「誰かいるんじゃないかな〜と思ってたんですよ」と、これまたバンド仲間(で、お向かいさん)のM野氏がたまたま登場。「これから武蔵野うどんを食べてから白鳥を見に行くんだけど、一緒に行く?」って訊いたら「行く行く」ってことなのでご一緒することに。で、そのM野さんはカーボンのロードレーサーにヘルメット、アイウェア、上下ぴっちりしたサイクル・ジャージ、SPDシューズで手ぶらってな正にローディーな出で立ち。僕はミレのリュック、ヘルメットなし、セルのサングラス、黒いサイクルセーター、自転車用のチノパン、スニーカーって感じのスタイル、S崎さんは石井スポーツの登山用ザック(40Lぐらい?)、襟のあるシャツにブルゾン、チノパン、トレッキング風のスニーカーという軽い登山風のスタイルで(S崎さんはピーク・ハンターでもあるのです)正に三者三様。自転車でツーリングしてるグループってだいたいみんな同じような格好してるじゃないですか。それに比べるとこの三人は(まあ、たまたまご一緒することになったM野さんはしょうがないとしても)本当に各自自分なりな格好で、言ってみれば「自転車版チープ・トリック」あるいは「自転車版ジ・アルフィー」みたいな感じで、冷静に考えるとかなり笑えました。三人で並んで写真撮っておけばよかったなあ。(笑)



エンヤコラと長い坂を上り、目的の武蔵野うどん店「鈴や」に到着しました。予定通り11:30に到着できたので、待つことなく食べられました。オーダーしたのは肉もりうどんの合盛の温盛り大盛り。殻も一緒に曳いてあるんだろうと思われるネズミ色のうどんは個性的でなかなか美味しかったです。温盛りだと細麺はちょっとたよりない感じで太麺が美味しかったけど、冷たい麺だと細麺の方がいいんだろうなという感じです。寒いシーズンは温盛りの太麺、暑い時期は冷たい細麺がベスト・チョイスじゃないでしょうか。一日限定10食の近隣農家から仕入れた「そば」もありましたが、それはまた次回ってことで。このあたりにサイクリングに来ると食べるものの選択肢がかなり限定されるので、この店を知ったのは大きな収穫でした。ここは使えます!



大盛りのうどんを食べたにもかかわらず、その後同じ施設内でS崎さんは野菜汁を、僕はレバー(焼き鳥)を食べました。さらに美味しいコーヒー(酸味が効いてて、ちょっと前の喫茶店を彷彿とする感じの味)をいただきました。いやあ、どれもこれも美味しかった。施設奥にあったバーベキュー・コーナー(貸し切り可)も気になりました。自転車や車で勝手に集合して、ここでバーベキューをやったら楽しいんじゃないだろうか。



昼食を食べ、ちょっとゆっくりしてから白鳥飛来地を目指して移動を開始。今回は珍しく準備万端・夜なべして(?)作ったオリジナル地図を持参したのでスムーズに目的地に到着することができました。



他の見物客から聞いた(と、言うか、一方的に話しかけられたのだが)話だと、300羽ぐらいの白鳥が近くの田んぼに遊びに行ってしまったらしく、残念ながら白鳥は数えられるぐらいしか居ませんでした。一方、白鳥用に用意された餌のご相伴に預かるために来たであろう鴨が、こっちは驚くほどの数居ました。景色として見るとまあこんなもんかと思うんだけど、望遠レンズで覗くと、その数の圧力に驚かされます。鴨はたくましいね。




飛来地には地元の小学生が可愛らしいメッセージを書いた「竹」がたくさん立てられてました。よくよく読むと、中に「本埜のお米は良いお米」だとか「美味しい本埜のお米を食べて下さい」だとか、これって??と思うのもあったけど、まあいいか。


9時に出発し16時戻り。帰りにいつもの八千代道の駅でアイスクリーム休憩も入れたけど、それでもかなりゆったりしたサイクリングでしたが、今日はなかなか充実してました。でも、80km超えるとちょっと疲れるね。たまの趣味で走るぶんには、これぐらいがいいとこかな。走り終えてのミーティング(?)で、次は印旛沼のうなぎセンター(漁協経営のレストラン)か宗吾霊堂前のそば屋ってことになりました。さて、いつ行きましょうかね!

今日の走行距離:85.01km

2010.12.4 yoshi



Yoshiさんについて

幕張ベイタウン在住のサラリーマン。ネットに精通していて、ベイタウンにネットを介したコミュニティを形成する。また、音楽(ロック)も大好き。ベイタウン中年バンドの一員で、毎年ベイタウン、または近隣地区で開催される各種イベントにギタリストとして参加している。

ギターは敬愛するラリー・カールトンと同じギブソンの335。ギターだけじゃなく、モノには結構こだわっている。 最近(2008年春頃)から自転車に凝り、暇を見つけては花見川サイクリングロードの上流に向かう。

一男一女の父親。
 

Yoshiさんのブログ = ROOM 335 http://ameblo.jp/yoshiblog/

 
▲ このページのトップへ


 ベイタウン旅行倶楽部 花見川(and 新川)サイクリングロード関連記事
自転車グルメ隊 印旛へ 2011/11/5
風車までサイクリング 2011/10/23] [自転車でグルメ第9回 大和田「こてメン堂」] [ママチャリでうなぎ
[日曜早朝の山田うどん] [うどん「味の民芸」@八千代中央 ] [夕刻からポタ」] [手打ちそば「うぶすな」
突然サイクリング・手打ちうどん「さぬき」 ]  [あまね 2度目の訪問] [
すすき・武蔵野うどん・白鳥飛来地
うなぎの「川五郎」と結縁寺] [手打ちそば「あまね」]  [今年の走行距離 2009.12.31
印旛沼でリス、ウサギ、亀、ペリカンを見た!] [今日は佐倉をぶらぶらして74km
花見川〜新川サイクリングロード利根川まで [私も印旛沼まで行った] [千本桜の辺り] [対岸からの瑞穂]
「スタンド・バイ・ミー」(花見川サイクリングロード) by Nacky]  [花見川CRから花島公園
花見川サイクリングロード] 
花見川サイクリングロード第二次探検隊・探検記 ベイタウン周辺のINDEX
*だいたい上から新しいもの順です。

ベイタウン旅行倶楽部のトップページにジャンプします! 幕張ベイタウンライフ満喫マガジン「俺達のホームページ」バナー第2段。リンクフリーです。リンクの際はご一報戴ければ幸いです。
Oretachi's Homepage Makuhari